FC2ブログ

【退院】もなか

こんにちは

スコティッシュフォールドのもなか!
お陰様で無事退院しました。
どうもありがとうございました。

「だんだん良くなっている気がします」
というご報告ができるかな、と思っている矢先に
病院より血液状態が上向いていることと退院の話が来たので
とても嬉しく思っています。

この度は色々な方にお世話になったり
ご心配をお掛けしてしまったり、
本当にたくさんの方々に支えられていることを実感しました。
改めて感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。

もなか


//////////////////////////////////////////////
/////以下、もなかの入院前・入院中の話が含まれます。
/////病気の話が苦手な方や気分が落ちている方などご注意下さい。
/////同じような状況の猫さんの参考の一つになればと思い
/////経過を公開することにしました。
/////内容を見たい方は↓の「つづきを読む」をクリックして下さい。
//////////////////////////////////////////////







この度、かかりつけの動物病院からは
「免疫介在性血小板減少症」可能性が高いだろうとのことでした。
何らかの原因で自分の免疫が自分の血球を攻撃し
血小板が少なくなっていた、そして出血(血便)だったのでは、とのこと。

※感染する病気ではないとのことでした。

9/11(火)
その日猫ルームはお休みの日で自宅待機でした。
19時頃にもなかのトイレから血便を発見。
すぐに病院に連絡し、血便ともなかの状況を相談し、
翌朝通院することになりました。

9/12(水)
午前の診察で病院に通院
食物アレルギーによる血便の疑い。
病院にて処置をしていただき、
また、療法食(治療の為に獣医さんが処方するご飯)による
食餌指導がありました。

入院した9/13(木)
血便があり表情も悪く、貧血に。
急いで病院に連れて行き血液検査の結果輸血をすることに。

9/14(金)、病院に連絡するとご飯も少し食べて血便もなく
週末に退院も考えられるとのことで一安心していました。

そして皆様にSNSでご報告した9/15(土)
再び血便があり、採血結果からこのまま血小板が少なく、
このままでは危ない可能性を指摘されました。
もなかの生きる力で、ここをなんとか乗り越えないと危ない、と。

もし、最悪の事態になってしまった時、
いつも もなかを可愛がってくださっている方々に
心残りがあるのでは…と、もなかの状況を公開させていただく運びになりました。

病院の先生からも面会に来ていいですよとの言葉をいただき、
よく見知っている人間スタッフが面会に行くことで
もなかが、頑張ろう!生きるぞ!と励みになってくれたら・・
慣れない病院生活で少しでも安心してほしい、
ストレスをなくしてもなかの身体の回復に生命力を使ってほしい
早く元気になって戻ってきてね・・!と。
他の患者の犬猫さんや、もなかの負担にならないように注意をしつつ
スタッフ全員で懸命に声をかけ、励まし、
この日出勤していたスタッフ全員が交代で面会に行きました
入院室のケージの中からたくさん甘えてくれ、
またスタッフが会いに行くと気持ちが上向いてくれるのか、
ご飯をたべようとしてくれていました。

日曜、月曜(祝)と面会に行くと
日に日に目に力が出て表情が良くなり
土曜にまたでた血便も止まっていきました。
そして食欲も日に日に回復し、ご飯もペースト状の缶詰からドライフードに。

9/18(火)この日の朝は面会に行くと
今までで一番甘えてくれました。
そして午後、病院から血液検査の結果がでたと電話をいただき・・
もなかの自身の力で貧血に改善がみられ、
そして血小板も増えていたので退院の運びとなりました・・!
スタッフ皆で涙で喜びあいました。

今現在ですが、
先日の血液の状況は良くなってきていますが
治療途中で完治はしていません。
また免疫が過剰反応して
自分の血球を攻撃してしまうのを抑える目的で
ステロイド内服による治療をしています。
今後、副作用もみながら徐々にお薬をへらしていくことになりますが・・
いま免疫の過剰反応を抑えていることで風邪をひきやすい状況になります。
もなかちゃんは猫ルームでのんびりすることが大好きなこですが、
猫ルームに遊びに出る時間を大幅に制限することになります。

病院の先生からは
万が一病気の子などがいない限り
(当店は衛生管理・健康管理を徹底しております!)
もなか本人の希望(大体は「遊びに行きたい〜」なんですが…)も尊重し、
猫ルームにはでても良いとのことでした。

絶対条件としてもなか自身の体調もみつつ、
もなかの気分転換として、本当に短時間のみだけの猫ルームになりそうです。
お薬については、定期的な通院を続け減らしていく方針なので
様子を見ながら徐々に猫ルームに遊びに出る時間、回数を増やす予定です。

繰り返しになりますが、
まだ完治ではなく
これからお薬を減らしつつ
更に良い状態を目指している状況です。

大好きなもなかが、これからも元気に安心して暮らしていけるよう、
これまで以上に私たちスタッフも頑張ってまいります!
ご心配をおかけいたしましたが、はげましの声をいただき、
見守ってくださった皆さま、本当にありがとうございました。
長くなりましたが、
これからも もなかを始めとする猫スタッフ、
お世話係の人間スタッフを、皆さまどうぞよろしくお願い致します


+++++++

もなか、良くなって本当に本当に良かったです。

今回、輸血に協力してもらった
ラグドールのよもぎ君
当店で一番体重が重く、骨格もがっしり!
私たちのヒーローです(^^)
よもぎ、ありがとう!!

よもぎ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

にゃんそ〜れスタッフ

Author:にゃんそ〜れスタッフ
国際通り、県庁前通り、パレットの近く(松尾)にある猫カフェです。
私たち自慢の血統書付きニャンコ達と遊びませんか?
猫ルームとカフェスペースが分かれていて、カフェのみのご利用もOK!
人間スタッフがチョイスした猫モチーフの雑貨・アクセサリー類も豊富にあり、ご自分用はもちろんプレゼント用にもご利用頂けます♪

公式ホームページ

公式Facebookページ

公式Twitter


098-988-9622

<月〜金>
11:30〜20:00
(最終入室19:30)

<土日祝>
11:00〜20:00
(最終入室19:30)

<定休日>
水曜日(祝日の場合は営業し、振替休日がございます)

検索フォーム

QRコード

QR